不動産産業の事務員にふさわしい髪型とは・・・

女の人の髪型って面倒くさいけれど本当に重要だと思います。
髪型で印象は大きくかわりますよね。

私は今30代半ばで、不動産業の事務員をしています。
髪型は常に「普通」を意識しています。
清潔感があって、長すぎず短すぎず、色も明るすぎず暗すぎず、落ち着いて見えるようにしてもらっています。
不動産業は男性社会なので、多少の華やかさも必要だとも思います。
なので少し軽さが出るようにもしてもらっています。
要は長めミディアムの暗め茶髪です。

30代になってからはずっとこの髪型です。
20代は色は今と同じでもっと長くしていました。
まだ時間に余裕があり毎朝ブローもしっかりできたからです。
今は子どももおり、ブローに時間もかけられないのでミディアムが限界です。
しかし仕事では日常的にお客様の対応もするので
朝時間がないときはアップヘアーにできる長さも確保しておきたいとも思っているので今の長さに落ち着きました。

以前は前髪を作ったこともありましたが、私は顔がふけ顔なのでぜんぜん似合わなくて
うざバングがリアルにうざくて一瞬でやめました。
今は耳にかけられる年相応の長さをキープしています。

美容院はころころ変えるほうではありませんが、
今までの20年ぐらいの私の美容院史を考えると、
男性の美容師さんは緊張するし自分のイメージがうまく伝えられず苦手意識があったので
基本ずっと女性の美容師さんにお願いして来ましたが、
女性の美容師さんは結婚&出産でお店をやめたり休んだりすることが多く、
だいたい5年くらいのスパンで美容師さんか私の結婚か出産により美容院を変えてきました。

なので今までお願いしていた女性美容師さんの妊活休業に伴い
最近ついにプライベートで知り合った男性の美容師さんにお願いすることにしました。
久しぶりに男性美容師さんですが、適度な緊張感もあるし(すっぴんでは絶対にお店に行けません!)、
男性目線でカットしてもらえるので、女に磨きがかかる気がします。

さらに、しばらく家の近所の美容室だったのですが
場所も都会のわざわざ電車にのっていくところになったので
美容院同士の競争も激しいのか
価格も今までの半分近くになり
今のところとても満足しています。

美容院は変えて最初の何回かはやはり緊張するし、次の美容院を探すのもストレスなので、
今度は長く通えるといいなと思います。

最近は子育ても少しずつ落ち着き、時間にも多少ゆとりができつつあるので
今後、独立したり、今の仕事で超越したポジションを得ることができたら
もう一度髪を伸ばし、しょっちゅうトリートメントに通い
贅沢な髪型を楽しみたいと思います。